KIメソッドとは

キネティックインテグレーションズは、看護師であり、元メジャーリーグのアスレチックトレーナーであるGuido Van Ryssegemの30年以上の臨床経験と、解剖学、生体力学、運動生理学、神経生理学、運動コントロール、運動学習と痛み・怪我、そして、人間の行動理解をベースに開発されたメソッドです。
 

動きの本質を観る

癖のある歩き方、物の持ち方、座り方、間違ったエクササイズなどで繰り返される不自然な動作が、身体の機能を制限したり痛みや障害を引き起こす原因となります。

痛みが生じるとその箇所をかばい、不自然な体の動きが生じ、またその不自然な体の動かし方が、正しい姿勢を維持することを妨げてしまいます。身体の動かし方の異常、姿勢不良は、全てが影響し合っています。

動きの「統合」でより動きやすい本来の身体へ

キネティックインテグレーションズは、身体の不調がある箇所(不自然な動かし方)を特定し、​本来の健康で自然な姿勢と動かし方を学習させ、体の不調を改善していきます。

筋肉が本来の(自然な)機能を発揮できる様に動きを修復することで、関節や筋肉の負担を無くすことが可能になります。更に姿勢を改善をすることにより、より効率的に動く為の土台ができます。土台ができたら、正しい動かし方を習得していきます。それにより、痛みなく、滞りなく、より自由に、より効率的に動けるようになっていきます。

ご自身の身体の動きを最適化することにより、痛みの軽減はもちろん、怪我の予防、体力の向上などの生活の質を改善する事が可能です。

改善が期待できる例

・慢性の腰痛、膝痛、肩の痛み

・姿勢改善
・身体の動きを再習得
・パフォーマンスや体力の向上
・動きや動作の改善の習得
・痛みの軽減あるいは改善
・ジムトレーニングでの成果の向上
・生活の質の向上

KIメソッドのコンセプト

1)19年間の実績を誇る機能回復型トレーニング

メジャーリークで12年間アスレチックトレーナーとして活躍していた講師ギドー・ヴァン・リッシゲムが、

いち早くプロ選手を復帰させるために考案されたサイエンスベースなトレーニング

2)アトラクターステイトから観る動きの統合

 現在スポーツパフォーマンスリハビリテーション業界で注目されている、『ダイナミックシステムセオリー』と

『アトラクターステイト』の概念を基礎に運動パターンを修正

​3)最先端の脳科学をベースに本来の動きを取り戻す

怪我による制限、運動習慣のない動作、反復運動やオーバートレーニングにより偏ってしまった運動パターンを、

モーターラーニング・モーターコントロールの概念を用いて、本来の好ましい方向へ向かわせる

4)​ヘルスケア分野に携わる全ての人へ

スポーツトレーナーやパーソナルトレーナーのみならず、医師・鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師・理学療法士

・作業療法士などヘルスケアに関わっている皆様に向けた実践型の有益なテクニック